AGA発症のメカニズム

男性ホルモンの一つであるテストステロンが作用すると、骨が頑丈になったり、筋肉が発達し、太いしっかりした髪や、濃い髭が生えてきたりもしますが、とある男性ホルモンが必要以上に分泌されるようになると、頭髪が抜けたり痩せたりして薄毛になり、そこから進んで男性型脱毛症へ、改悪されていくことになるようです。

そういう訳ですから、病院で処方される脱毛症の薬や、市販の育毛剤には、男性ホルモンを抑制する成分が配合されることが多いです。

男性を脱毛症へと誘う男性ホルモンというのは、テストステロンが変化してしまったDHT(ジヒドロテストステロン)といい、これが活発に働くと、薄毛が始まったり、進行したりすることになり、テストステロンをDHTに変化させる5αリダクターゼという酵素の抑制が大事だと言われているようです。

残念ながらAGAによる脱毛は進行性ですので、あまり長らく様子見をしていると、頭皮や毛髪の症状はどんどん次の段階に進んでしまいます。

仮に症状が進んだところで、状態に合わせた最適な治療方法を提供していますから、いつ行っても遅きに失するということはありません。

ただ、治療は若年齢から始めるほど経過も良いと言われているため、症状や体質に不安があるときは治療には早めに取り組みましょう。

育毛の話をしていて「体温どれくらいですか」と聞くと、最初は不思議に思われます。

でも実は体温は育毛と密接な関係があるので、ぜひ関心をもっていただきたいと思います。

平均体温が低い人が増えていますが、体温が低いと免疫力も低下しますし、新陳代謝も悪化します。

汗が出にくく、血液による栄養・老廃物の交換がうまく行かない状態です。

頭皮の温度も下がるので、健康的な髪が育つ土壌が損なわれるので、平均体温を底上げするのは大事なことです。

たまにサウナを利用することも良いですが、自宅で手軽に湯船に浸かるのも良いでしょう。

体を芯から温め、血流を良くし、冷えない体になるように普段から心がけましょう。

男性型脱毛症(AGA)の治療薬で有名なものにプロペシアが挙げられます。

すべての患者さんに効果があるものではないのですが、体質的に合えば進行性のAGAの治療に効果を発揮しますし、毛が成長しても抜けないので見た目にも変化が出ます。

しかしながら副作用の可能性もゼロではなく、EDや体のかゆみ、肝機能障害が起きたという事例もあると薬の添付文書には記載されています。

インターネットなどを利用して、海外の商品を取り寄せれば、日本ではなかなか買えない強力な育毛剤やAGA治療薬も簡単に、安く買えてしまいます。

しかし、安易に考えてはいけないのは、海外通販には保証が何もないということです。

まるで本物の良い商品のように、偽物や質の悪い商品が多く売り出されていることもあり、健康被害がある可能性も拭えません。

そもそも、日本人は体質も体格も欧米人とは全く異なるので、人気の商品や、話題の商品であっても安心してもいいということはありません。

人間の体は、その成分の約6割が水分で作られています。

なので、一日2リットルから3リットルの水分を補給したいものです。

体内の水分が少なくなってしまうと血液が濃くドロドロになって、血行不良の原因になります。

血行不良は髪の成長に必要な栄養素が届かなくなる原因ですから、髪の健康的な成長が阻害されます。

さらに、水分不足は皮膚の細胞も枯渇させるので、頭皮にも悪影響である事は言うまでもないでしょう。

乱れた食生活や睡眠サイクルなどを続けていると、抜け毛の進行を早め、毛根が大きなダメージを受けてしまうと、それだけ育毛剤の効果も薄れます。

育毛用のケア製品を使うことを検討されているようでしたら、生活習慣の改善もあわせて行いたいものです。

なかでも大事なのは、食事と睡眠でしょう。

昔からドカ寝・ドカ食いは病気の元と言われたものですが、睡眠も食事もまとめて摂ることはできません。

平日の睡眠と栄養の底上げを目指しましょう。

偏った食生活と寝不足はまさに薄毛・抜け毛のための習慣のようなものですから、ぜひ興味をもって、改善していただきたいものです。

あくまでも乱れた生活サイクルを放置したままで、育毛剤や薬を使用しても効果は表れにくいはずです。

健康的な状態に近づけて、効果が得られやすいようにしていきましょう。

日本人の米食は昔と比べてだいぶ減ってはいるそうですが、それでも毎日食べている人は多いです。

そんなお米ですが、γ(ガンマ)オリザノールという、お米だけに含まれているという成分があり、これが、健康のためになる、数々の効能を発揮するようです。

血行促進、更年期障害の緩和、善玉コレステロールを増やし、抗ストレス作用もあるとされ、加えて、男性ホルモンDHTができるのを、阻害してくれる働きもありそうなのです。

そのため、男性型脱毛症にも、効果があるかもしれないのです。

DHTは、男性型脱毛症を起こす、大きな原因となっており、これが分泌されると症状が出る仕組みになっているからです。

お米の胚芽部分に主に含まれる成分だということですが、お米を食べて男性型脱毛症を改善できるなら、ぜひ育毛のためにも、毎日食べたいですね。

マッサージ用のオイルとしてオリーブオイルを使うと、元気な髪の育成に繋がるそうです。

皮脂で汚れた毛穴を綺麗にし、頭皮の血行に作用し、さらには保湿効果も抜群です。

ただ、たとえシャンプーをしたとしても爽快感がないので苦手と感じる人もいて、好みは分かれるところです。

頭皮の状態が原因となって、合う合わないがあるでしょう。

イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと化学構造が似ていることから、摂取することで男性ホルモンを減少させ、薄毛になりにくくするという話を聞いたことがある方もいるでしょう。

ですから、摂取することで髪が生えるという話もありますが、科学的根拠に則った説ではないので、注意が必要です。

普通、イソフラボンというと大豆イソフラボンの名前が真っ先に挙がるように、納豆や豆乳などの大豆製品がイソフラボンを多く含んだ食品として代表的です。

病院などのものと比較すると、どうしても性能に差が出てしまいますが、自宅で使える育毛器具としてレーザー育毛器具が売れているようです。

いくつかのレーザー育毛器具はアメリカのFDA認可の製品です。

FDA認定というと分かりにくいですが、日本で例えると厚生労働省認可に近い意味合いを持ち、アメリカの政府機関が安全で育毛に効果があると認めている製品なのです。

抜け毛の多さに実感したら、すぐに育毛について考えるべきではないでしょうか。

育毛を怠っていると、いずれ髪の毛の薄さに悩む日が来るでしょう。

毛が抜ける原因を最初に、改めていきましょう。

一日三食の食事、不足がちな睡眠時間、自己流のヘアケア、ストレスの蓄積、煙草やアルコールなど、多種多様な原因が抜け毛を増やし、健康な髪の毛が生えることをジャマします。

可能性としてはAGAもありえます。

細胞再生因子として知られるグロースファクターですが、育毛の分野でも大きく役立つことがわかってきたため、育毛剤に加えられたり、クリニックでの毛髪再生治療に利用されています。

老若男女関係なく、薄毛に対する高い効果を得られると わかってきています。

起こりつつある薄毛が、発毛に関する再生因子の不足による、というところに要点を絞り、不足している分を足してあげるということで、グロースファクターを補い、発毛へつなげます。

このグロースファクターを使うと、ほとんどの場合において、薄毛改善の大きな効果が得られるのですが、治療を中断すると効果がなくなってしまうので、継続が必要となります。

そのため、治療は高額なものとなるデメリットが存在しています。

育毛に必要な栄養素や成分があるというと胡散くさいものを想像する人もいるようです。

しかし現実にはほとんどが、普段の食事でも摂取すべきとされている食品成分ですから、きちんと理解した上で、日常生活の中に取り入れるようにしてください。

簡単に列挙すると、タンパク質、亜鉛、ビタミン、ミネラル、酵素などです。

酵素って栄養なの?という指摘を受けそうですが、サプリのように経口摂取でき、過酸化脂質の生成を抑制して細胞の老化を防ぐので、ここでは同列に入れています。

栄養が偏っていたり、血液の状態が良くないとき、本人に自覚がなくても髪やツメに症状が現れることがあります。

実際、栄養不足の状態では、頭皮の代謝や髪の育成に振り分けるだけの余力がないため、育毛にとってはマイナスを蓄積していることになります。

暴飲暴食を避け、バランス良い食生活やメニュー選びを意識して、髪・頭皮に豊富な栄養を届けられるよう、マッサージや運動などで血行を促進させるのも効果的です。

実際には、入院でもして厳密な栄養計算をしない限り、食品栄養バランス表に適った食生活はできないと言います。

育毛のためならば、サプリメントで補完するようにすると手です。

なかには刺激物を含む製品もあるので、自分に合うのか、何が含まれているかを確認してから使用してください。

抜け毛を減らしていくためには、頭皮の状態を整えていくことが必要です。

そのため、商品説明で育毛効果が明記されているシャンプーを選ぶべきでしょう。

普通に店頭で購入できるシャンプーで刺激の少ないものもありますが、お肌の弱い人や体質や病気などで敏感な状態の頭皮では、洗浄成分が強すぎて、清潔にしているのに地肌が荒れて困るというのは、だいたい市販のシャンプーが合わないことによるのです。

育毛用に開発されたシャンプーなら、敏感肌にストレスをかけない洗浄成分が皮膚の保護成分はそのままに、汚れだけをきれいに洗い落としてくれます。

育毛剤ほどではありませんが、頭皮の血流を促進する成分が配合されていることが多いです。

長期的に使用していくことで毛髪のツヤが戻ってきたという声も聞かれます。

髪に元気を取り戻したいと考えているならば、アミノ酸が非常に大切な役割を担います。

アミノ酸がなくては育毛など出来ないと言えるほどに必要な大切な成分の一つということですね。

アミノ酸の種類は一つではありませんので、また、アルコールを分解するにはアミノ酸が、飲酒はほどほどにしましょう。

AGAの治療というのはなるべく若齢で始めるほど良い結果が出やすいし、それも早く出てくるというのが分かっていますが、自分で見てAGAがだいぶ進行してしまっているように思えても、毛母細胞が死んでいなければ治療して効果が出ないということはないでしょう。

頭皮を見て自己判断で無理だろうとは思わないことです。

目視できる細胞ではないですから、毛がなくなってしまっているようでも実際には毛母細胞が生きていることだってあるわけです。

悩み続けるよりははっきりさせたほうが良いので、専門の医者に検査してもらい、今後の対策をたてることが肝心です。

未だに育毛というとまだまだブラシで頭皮をトントン叩くといったイメージを持っている人が多いようです。

そういう商品を使っていた人が身近にいたりすると、やむを得ないかもしれません。

最近のスカルプケア商品のほとんどは、余分な力が頭皮にかからないよう工夫されていると思いますが、なんのためでしょう。

頭皮の刺激にはその程度の力で充分だからです。

ブラシで頭皮を叩くのははっきりいって育毛のために「NG」行為です。

根拠がないばかりか、薄毛を促進しないという保証はありません。

頭皮は髪に守られていて、衣類でこすれることもないため、たいへんデリケートです。

どのようなブラシであれ、頭皮が傷つき、毛根を傷め、丈夫になるどころか、発毛を阻害することになってしまうのです。

それよりずっと効果的なのは指や専用の道具を使った頭皮マッサージです。

しかし、シャカシャカすると男らしい感じがしますし、ときどき爪が当たる感じも気持ち良いですが、うっかり傷をつけてしまうことも多いので、力をかけないよう、雑にならないよう注意しながら行ってください。

普段から行っている頭皮などのケアが、実際は髪や頭皮にとっては逆効果になっているケースがままあります。

逆効果になっている例としては、即効性を望んで添付の使い方に書かれている回数や量よりも多く育毛剤などを塗布した場合です。

たくさん使えば良いのかというとそうではないですし、配合されている成分によっては頭皮に限度を超えて使うと頭皮トラブルの引き金になるケースもあるのです。

夜寝るときに何の気なしに使っている枕。

それが育毛、抜け毛に影響を与えていることをご存じでしょうか。

いろいろな枕が売り出されていますが、自分に合わないと、首回りの筋肉がこってしまい、頭全体の血行不良を招くことから、頭皮の血行も悪くなり、栄養が行き渡らず、老廃物もたまってしまいます。

また、脳の酸素不足から熟睡できなくなり、身体全体の調子も悪くなったり、睡眠でストレスを解消できず、抜け毛が増えてくることもあります。

頭皮、そして、毛髪のために、自分に合う枕を探して使ってしっかり寝ることをおすすめします。

薄くなりだした頭髪が気になっているのなら、飲み会での飲酒は断ったほうが髪のためです。

お酒は人にとって有害なものであるため肝臓によって処理されますが、その過程で、髪を成長するために必要な栄養素が失われてしまいます。

本当だったら育毛に使う予定のエネルギーがなくなると、栄養失調の髪が多くなり、はらりと、抜けてしまうのです。

リコピンには大変強力な抗酸化作用があるため、髪の毛と皮膚の老化現象を防止する働きがありますから、髪の毛を生やしたり育てたりするのに有効な物質です。

リコピンが多く含まれる食べ物はトマトです。

トマトにはこのリコピンの他にもビタミン、クエン酸など髪の毛を育てたり肌をキレイにしたりする成分が多く含まれていますし、進んで摂りたい野菜のひとつと言えるでしょう。

リコピンは、生の状態で食べるよりも加熱して食べる方が栄養成分が腸から体内に取り込まれやすくなります。

 髪を元気にして、少しでも増やしていきたいと考えているなら、どうやって髪を育てるべきか、基本的なところから学んでゆくことが必要です。

抜け毛には原因がありますから、それを学び、ポイントを押さえて改善していかないと、どんなに高い育毛剤であっても、じゅうぶんな効果が感じられないのではないでしょうか。

髪の手入れはもちろん、食事などの生活習慣など、今一度、育毛の基礎からチェックして、健康な髪を手に入れましょう。

日々コツコツと頑張っていくことが大切です。

髪が抜けない対策と健やかな育毛を心がけたいならば、頭皮を流れる血液の巡りを良くする事が必須です。

育毛には欠かせない栄養素を頭皮全体に届く様にするには血流がスムーズである必要があります。

頭皮が血行不良だと、どんなに薄毛にならない様に気をつけても効き目が見られないことがほとんどでしょう。

何と言っても血行促進に努めることを心がけてください。

市販されているシャンプーはもちろん、リンスなどの製品を使わずに、髪をお湯のみで洗ってきれいにする「湯シャン」という方法があるのはちょっと驚きですね。

最初こそ頭皮や髪がサッパリせずにまだ皮脂が残留しているように感じ、育毛にはマイナスになるように思う人もいるでしょう。

けれども、毎日継続しているうち、正常な皮脂の量に落ち着くため、全く心配する必要などありませんよ。

しかし、どうしてもベタつきが気になる場合にはそのときだけシャンプーを使えば良いでしょう。

長時間紫外線に当たった日には、極端な髪の傷みに気がつきませんか。

お日様の紫外線ダメージは髪が一番受けますから、日中はUVプロテクトスプレーや帽子、日傘といったもので髪を紫外線から守ってください。

髪に当たる紫外線を防止しないと、秋の抜け毛に大きな影響があり、薄毛へと進んでいきかねません。

紫外線の強い時期には。

髪のために紫外線からガードする事を心がけてください。

頭も皮膚に覆われています。

カチカチの皮膚だと、毛が生えにくいといわれています。

頭部の血行が悪いと皮膚が硬くなるのです。

育毛を考える上で、頭皮の問題は欠かすことができません。

正しいケアで頭皮を柔らかくし、頭部の血行を良くしていけば、健康な頭皮から健康な髪が生えるようになります。

そして、しなやかな血管、さらさらの血液は全身にとって大事なので、欠かさず体を動かし、血液循環を良くする食材などを食べるのがおすすめです。

2012年にノーベル生理学と医学賞を受賞した山中教授が作りだした万能細胞のiPS細胞ですが、この細胞を使った発毛実験に一定の効果が見られることが分かりました。

皮下で毛根を包み込む筒状の組織で髪の成長のための栄養を貯める毛包が再生されたのです。

とはいえ、研究段階なので実用化は先になると思いますが、育毛技術の研究は今後も飛躍的に進む事が期待できます。

AGA発症のメカニズムについては不明なところも多く、判明している手がかりを元に治療を行っています。

ただ「これは」と言えるものとしては、昔から親や祖父が薄毛だったりすると将来的に薄くなるという俗説がありますが、生物学的な遺伝も重要な要素であるというのが定説です。

つまりAGAの抜け毛、薄毛を発症させるDHTという男性ホルモンの影響の仕方が遺伝的要素によって決定されるからで、俗説は正しいということになります。

医学的な治療効果とは別に、長期にわたるAGAの治療では頭皮のマッサージが非常に良い効果をもたらすのでおすすめです。

マッサージを毎日続けていくことで育毛環境のベースとなる頭皮の状況が良好になり、通院で行われる治療の効果が出やすくなるのです。

スカルプマッサージを行うことで新陳代謝が活発になり、ターンオーバーで剥がれた角質や酸化した皮脂が軽いシャンプーで落とせるようになるので、洗髪が与えるストレスも減らすことができます。

もっと詳しく⇒m字 産毛 太く